妊婦でも安心して飲める | 青汁は飲む時間によって得られる効果が変わります

青汁は飲む時間によって得られる効果が変わります

青汁

妊婦でも安心して飲める

野菜と青汁

栄養素を豊富に含んだ青汁を、妊娠中も飲みたいという妊婦さんは多いです。中には「お腹の赤ちゃんに危険な影響を与えるものが入っているのでは」と心配される妊婦さんもいらっしゃいます。青汁はとにかく普段の生活で取り入れることが難しい栄養素を豊富に含んでいます。妊婦さんが安心して飲める青汁を見つけるためには、原材料や栄養素をしっかりと確認することが大切です。青汁を選ぶ時は国産野菜で作られているか調べましょう。原材料であるケールや大麦若葉が、日本国内で生産されているものなら安心ですね。妊娠中は不足する栄養素がたくさんあります。妊娠中に不足する栄養素として、カルシウム、鉄分、葉酸があります。日本人に一番不足していると言われているのがカルシウムです。カルシウムは赤ちゃんの成長に必要な栄養素の1つです。さらにカルシウムが不足してしまうと、妊娠高血圧症候群になるとも言われています。そして鉄分も、女性なら特に不足している栄養素になります。鉄分が不足することで妊娠貧血を起こしたり、赤ちゃんの神経発達にも影響が出てしまうでしょう。葉酸は妊娠初期、妊娠3ヶ月までは、赤ちゃんの先天性異常などの発症リスクを下げるために必要な栄養素になります。母子手帳にも書かれている栄養素になります。青汁には妊娠中に最も必要とされるカルシウム、鉄分、葉酸がしっかりと入っているので、バランスよく不足している栄養素を摂取できるでしょう。